FX 比較で各社はどんな差別化を行っているのかがわかる

最近、動画共有サイトなどで様々なFX動画がアップされており、FXの認知度が高まっています。そのような中、FX会社は顧客獲得に向け、生き残りをかけた厳しい戦いを行っています。そこで、各FX会社が行っている差別化のFX 比較ポイントをご紹介します。

1つ目は、スプレッドやスワップポイントに差をつけています。スプレッドはいわゆる手数料になりますので、当然手数料が低い方が取引する際のコストも低くなるので、顧客にとっては嬉しいことです。また、スワップポイントとは、金利差調整分です。日本のような低金利の通貨を売って、代わりにオーストラリアなどの高金利の通貨を買うとその差額を毎日受け取ることができます。差額が大きいと、当然受け取れる金額が大きい為、スワップポイントの比較は必須です。
2つ目は、取引ツールで差別化を行っています。見やすさ、使いやすさはもちろん、取引を効率的に行うためのインジケーターと呼ばれる設定が豊富にあると、顧客自身が取引を思うように行うことができる為、利益を出す確率が高くなります。このような人気の取引ツールが、顧客に求められる時代となっています。

3つ目に、キャッシュバックキャンペーンで差別化しています。口座開設後、一定期間内に一定量の取引をすると、数千円から数万円以上のキャッシュバックが発生します。これらFX 比較を行い、なるべく自身に合ったFX会社で取引を行うようにしましょう。