LGBTについて

LGBTは性的少数者の総称の事です。レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの頭文字をつなげたものとなっています。特にトランスジェンダーの特徴は非常に幅広いものとなってきています。自分の心と性別が一致しないという方もいますし、逆に心の中の性別は無く中性であるという考えを持っている人もいます。

自分の性別は自分の意思で決めることができるという意味を持っていることになります。LGBTというのは性的少数者にたいしてのいい意味での表現ということになります。

この言葉はアメリカおよびヨーロッパで生まれて、最近では世界レベルで使われるようになっています。該当する人は8%前後ということになっています。この割合は増える傾向にあります。これまでは自分がそうであることを積極的にアピールすることが難しい部分もありましたが、時代の流れによって、自分の考え方を明確にすることが可能になってきています。

近い将来、LGBTということがごく一般的な言葉になっていくことが多いに期待できるようになるはずです。最近では、自分がLGBTであることを告白する芸能人も増えてきています。そのような流れの中で、LGBTであることに多くの人が誇りを持てるようになってきているのです。